新着記事一覧

#私の挑戦史

自らの挑戦を通じて確信した応援・支援の大切さ。

安藤達也。九州・沖縄部隊のリーダーを務めながら、普段は九州大学で学術研究員として化学研究に従事。インタビューを通じて明らかとなったのは、普段の振る舞いからはあまり想像のつかない、研究と挑戦に対する並々ならぬ想いの強さでした。研究とWEIN隊という全く別のアプローチの仕方でwell-beingな社会に向け邁進する安藤さんの原動力や核心について迫るべく、WEIN隊全体サポートの櫻井恵(さくらい めぐみ)、中川友希(なかがわ ゆうき)、学生部隊副リーダーの石田慎一(いしだ しんいち)が取材に臨みました。

#私の挑戦史

人を、企業を支援し、可能性を広げ続けることが、私の挑戦。

池永将成。中国・四国部隊リーダーを務めながら、今治タオルを取り扱う株式会社ハートウエルの代表でもある。知的で常に自分を客観視する冷静さに加え、挑戦に対する熱い想いも兼ね備える池永さんであるが、その思考の原点には「人の可能性を広げる」ことへの強いこだわりがあった。そうした洗練された価値観は一体どのようにして築かれていったのか、現在の池永さんを形作る過去や原体験、そして、これからの挑戦や展望について迫るべく、九州・沖縄部隊リーダーでありながら九州大学で博士研究員でもある安藤達也(あんどう たつや)が取材に臨みました。

#私の挑戦史

挑戦の成就はいつだってかけがえのない支援者と共に。

渡邊 将史、通称「マサやん」。WEIN隊近畿部隊のリーダーであり、先日行われたWEIN隊のミートアップでは聴衆を引き込む魅力的なスピーチが際立った。底抜けの明るさとコミュニケーション能力の高さが印象的な「マサやん」であるが、そのパーソナリティは一体どのようにして育まれたのか。インタビューで明らかになったのは、彼の明るさの裏側にある、様々な苦難を挑戦することで乗り越えてきた芯の強さと、それを支えた仲間の存在だった。 今回マサやんにインタビューするにあたり、日頃から経営者として、そして中国・四国部隊リーダーとして責任を全うすべく、事前に質問を用意して取材にのぞんだが、蓋を開けてみると「マサやん」の圧倒的な語りによって2時間があっという間に過ぎていった。

#私の挑戦史

全ては大義のために。挑戦と挫折を恐れない。

出戸克尚。WEIN隊中部部隊リーダーを務める大学4年生。「持続可能なまちづくり」を掲げ取り組んできた環境問題に関する研究、地方創生に関わる起業活動などの裏には彼の挑戦に対する並々ならぬ想いの醸成がありました。そして、彼の現在地であるWEIN隊に懸ける更なる熱い想いを引き出すべく、WEIN隊近畿部隊リーダーである渡邊将史(わたなべ まさふみ)が取材に臨みました。

#私の挑戦史

絶えず自分なりの正解を求め挑戦し続ける。

前谷優太、通称「前ちゃん」。WEIN隊関東部隊リーダーにして、WEINでインターン生としても活動する大学3年生。取材を通じて感じられた彼の底抜けの明るさ。一方で、「自分なりの正解」に向き合い続けるストイックな一面も顕著でした。前谷さんなりの正解。そして挑戦とは。その核心に迫るべく、こちらも同じく大学生ながらWEIN隊中部部隊リーダーを務める出戸が取材に臨みました。

#私の挑戦史

全ての失敗は、成功への道のり。

半澤 清哉。26歳。WEIN東北・北海道部隊のリーダーを務めながら、たまご屋を営む実家を継ぐべく、都内のたまご屋さんにて修行中。また、地元山形を盛り上げるべく昨年の12月に行ったクラウドファンディングでは約120万を集め、キングコング西野亮廣の講演会を主催。様々な角度から挑戦し続ける半澤さんの核心はどこにあるのか、そんなことを思いながら、今回は関東コミュニティリーダーで、大学生の前谷が取材に臨みました。

#私の挑戦史

辛い経験は、挑戦することで乗り越えてきた。

石坂 健。WEIN隊 学生コミュニティリーダーを務める。誰が見ても絵に描いたような好青年である彼が、これまでどんな経験を経て、この人柄が作られていったのか、自分の大学時代を思い出しながら、遠く北海道から取材を行った。 周りの方やお世話になった方々への感謝を忘れず、どんな状況でも、常に前に進もうと挑戦し付ける。そんな彼の原点を探っていく。

#私の挑戦史

「ママの固定観念」を変える。

尾嶋芳子、通称「おじまま」。WEINママ部隊の代表にして、小2男子の母親でもある。 ママ部隊からWEIN隊を盛り上げるそのリーダーシップの強さは誰もが知るところである。そんな「おじまま」の強さの源泉は、どこにあるのだろうか。WEIN隊の学生部隊リーダーの石坂が、一人の大学生として率直に疑問をぶつける形で取材を行った。 先を見据えた眼差しの強さと、一人の人間としての優しさ。そこには、誰よりも挑戦を繰り返し壁を乗り越え打ち破ってきた、「おじまま」の知られざるストーリーが隠されていた。

#私の挑戦史

挑戦が、未来を、過去の意味さえも変えてきた。

堀江聖夏、通称「ほりえってぃ」。セント・フォース所属のフリーアナウンサーであり、WEIN隊の応援隊長でもある。底抜けに明るく、周囲への気遣いも忘れない優しさをもつ。一方で今年6月に行われた「WEIN挑戦者FUND」の記者会見では、代表パートナーの本田圭佑氏、元FincTechnologies社長兼CEO 溝口勇児氏、元ネスレ日本社長兼CEO 高岡浩三氏が登壇する緊張感ある船出の会見で司会を見事に取り仕切った。 誰もが知る三代表に対して、その司会ぶりは堂々たるもので、視聴者からの質問を受ける場面でも怯まず、代表3人に食い下がって質問する彼女の姿があった。チャーミングで底抜けに明るくも、凛とした佇まいがある。そこには、これまで包み隠されていた苦悩と優しさに満ちた原点があった。